読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂の女 安部公房


砂の女 (新潮文庫)砂の女 (新潮文庫)
(2003/03)
安部 公房

商品詳細を見る

 昆虫採集に来た男がある部落に捕らわれてしまい、そこでの「女」との生活、心境の変化を描いた物語。環境に慣れてしまうことの怖さが描かれているくらいしか分からない。誰しもなにかを強制されて、それをせざるを得ない状況に追い込まれてしまうと慣れてきてしまうのかもしれない。日常の中で大切なことを忘れてしまうとか。まあ小説は読者が何かを想像して得るものがあればいいと思っているので適当に。