ルーズヴェルト・ゲーム 池井戸潤


ルーズヴェルト・ゲームルーズヴェルト・ゲーム
(2012/02/22)
池井戸 潤

商品詳細を見る

評価:A

池井戸作品2作目。8-7のゲームが一番面白いというルーズヴェルト大統領の発言が元。この人はぐいぐい読ませてくる力がある。沖原の投球シーンとか情景が眼に浮かぶよう。なかなかできることではない。書き方が端的で的確なので、リズム感よく読んでいけるのが非常にグッド。あ、そこで話してたんだとか何日後だったんだとか重要でない情報は一回しか書かない。それに対して、なぜ細川が社長に選ばれたのか、笹井の性格・考え方について、イメージセンサーの件についてなどは何度も繰り返し違う角度、表現で述べられている。シンプルで読みやすいのはこういったことが要因だと思う。