読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶタイヤ 池井戸潤


空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
(2009/09/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る

評価:A

赤松運送という中小企業が起こしてしまった、トラックのタイヤの脱輪による死亡事故からすべては始まる。脱輪の原因は一体何なのか、取引先からそっぽを向かれる中、赤松運送は生き残ることができるのか、トラックの製造元であるホープ自動車の内情、銀行の対応などなどそれぞれの関係者の視点から描かれている。そもそも私が池井戸潤の本を読もうと思ったきっかけは、ある就活関連の方から銀行の業界研究になるといわれたことだった。試しにと読み始めた結果、一晩で上下巻読み終えてしまうほど、はまってしまった。

 経営者は責任重大すぎて、今の自分には背負いきれないかなと感じたので、まずは金融業界に入って下積みをしたほうがいいと思った。半沢直樹もみるつもりだ。