読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意 東野圭吾


悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
(2001/01/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る

評価:A

 巻末の講評?にもあるが、記録のアレなところを描いた作品。ネタバレ↓

 冒頭の猫を殺した描写が全てのキーとなっていたというのは、とても納得できるし、面白いと思う。ファーストインプレッションは非常に重要ですからね。なかなかうがった読み方ができず、この人の書いていることは嘘だと思って読むことは難しい。なにせ書いてある内容はほぼ虚偽のものだったのだから。設定後出し(実は鑑識から、みたいな)もほぼなく綺麗な作品だったと思う。でも、自分に愛人がいるということを示唆したら上手くいくのでは、という発想がすごいと思う。こういう発想力はとてもだいじ。