話し方教室 3

今回は”ボーカル”のレッスンを受講しました。ちょっと歌も見てもらいたいなと思って。ずっとコンプレックスなんですよね、歌。中学校の時カラオケ行って自分の番の時みんな露骨に微妙そうな顔してたのがそもそもの始まりですね。

まあ発声だとか腹式呼吸とか表情筋といったことを見てもらうのには変わりはないようですが。。

 

腹式呼吸のメリット

・息が深くなるので、口を大きく開けなくともハキハキしゃべることができる。

ラソンとかで苦しくなるのは呼吸が浅くなるのが原因らしい。

・呼吸が深くなることで落ち着くルーティーンにしやすい。

・歌を歌う時は腹式呼吸が前提。

 

腹式呼吸のさまざまなメリットとやり方 | 健康と美容のコラム

 

色々書いてますけど、なんか凄い体に良さそうですよね。学校で教えてくれよ…

 

僕はめっちゃ胸式呼吸ですね!!!!!!!って言われて悲しかったですね。

そりゃ滑舌悪いって昔から言われまくるはずだわ。

 

腹式呼吸の具体的練習方法についてはあまり教わらなかったな…

できてるかも良くわかんないし、、

とりあえず僕が息を吸うときに胸とか肩が凄い動いているみたいなので、これがなくなるように練習していけばいいんかな。色々調べながらやります。

 

・上顎を使う

これによって口を大きく開けなくても、響く声を出すことが出来ます。腹話術はこれを活用しているそうです。僕は口の中を大きく開けるんです!って説明されていや全然(意味)わかんないんですけど(は?)って少しキレ気味でした。上顎がどこか分からなかったんですね。その代わり下顎を下げることはかなりやっているみたいです。

これを解消するためには表情筋をとにかく動かして、顔を意のままに操作できるようにすることだそうです。どこをどう動かしたらどうなるのかということを把握するのは、スポーツやスマブラの操作練習にも通ずるものがあるきがします。

家でできる練習としては、顔の全てのパーツを外に動かすようにして「あ!」と発音。次に顔の全てのパーツを中心に持ってくるようにして「う!」と発音。これを10セット。やってみると1秒くらいでも表情を切り替えるのがかなり難しいと思います。僕はそうでした。先生は超滑らかにやってて努力の差をかなり感じました。

次に顔のパーツを上下左右斜めの八方向ランダムに寄せて「う!」と発音するのと時計回りと反時計回りに顔のパーツを回しながら「うーーー」と発音する練習を教わりました。絶対人の前でやりたくないような練習ですが、教えてくれたことに感謝ですね。

 

人の発声は聞いた音によるのだとか。入力したものが出力されやすくなるそう。だから好きな声をたくさん聞いていれば、自然とその声を発音しやすくなる…らしい。耳を疑うような話ですけど、感覚的にはそうかなーと思います。イチローの動画毎日聴いてみます。

 

・歌った

初めは乗り気ではなかったんですが、少し「明日があるさ」の前奏部分を歌いました。歌詞の一音一音をはっきり発音することとリズムにもっと乗ることを指摘されました。子どもの時苦手だったことがそのまま残っているような気がしてなんとも言えなくなりましたね。