読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都オフ プレイヤー紹介③リーマ

スマブラ

f:id:nasubisb:20161117215821j:plain

f:id:nasubisb:20161117220144j:plain

 

twitter.com

 

・人物

 九州から移住してきたトゥーンリンク使い。

発売直後からトゥーンリンクを使っており、最近の活躍はめざましいものがある。

もともと使い始めたのはキャラが好きだから、らしい。画像から分かるとおり、Reゼロのレムが好き。エロゲーやシャドバ、アニメ、次郎系ラーメン、音ゲーを嗜んだりと今をときめく男子大学生である。

 

・プレイヤーとして

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

対komorikiriさんの動画を二つ。

どちらも時期が近いのでそんな差はないが、TBHの方は撃墜を狙えるところをしっかり逃さなかったり、甘い着地してなかったりする。やっぱり回避狩られて撃墜されている局面が印象に残ってはしまう。そこで回避せずに耐える強い心を持つと、もっと手がつけられなくなると思われる。。もっともトゥーンリンクは回避がかなり強いのである程度は仕方ないし、通さないといけないが。ジャスガからの上強反撃とか、弱2段止めなどを習得していて目に見えて強くなってるのがよくわかる。また、Komorikiriという世界トップクラスのプレイヤーに対して、空前からの横Sでワンチャンを狙うなど、そういう勝負勘も養いつつある。かくいう僕も大会で有利状況から2回横Sを当てられて負けたことがある。

 京都で対戦した当初は、崖際に追い詰められたら横回避、甘い爆弾生成、空中回避連打等を狩られていたが、もちろんそういった行動は減った。初めから作業が上手かったような印象はあった。

 ゲームメイク、試合展開についての理解も進んできており、かなり試合の組み立て方を考えているプレイヤーである。序盤は上強からのコンボや爆弾上Sや爆弾上投げからの掴み下投げ、中盤からは上強空上や爆弾空前、横Sのワンチャン、終盤はラインに合わせて爆弾空上か空前を選択したり、空後置きでのローリスクな撃墜や上強から2択もしくは全狩りで撃墜、といったように展開を作っていることが多い。

 しばしば大会で見せる勝負に徹した姿勢も強さの理由の一つである。飛び道具を置いて、間合い管理し安全に爆弾を生成。相手が近づこうとしたところに置いてある空中攻撃。近距離を拒否しなければならない相手に対しての立ち回り。動画こそないが、対エッジシークではストック先行した時点でタイムアップを考えていたらしい。結果、攻めに来たシークを爆弾からの空前で残り5秒で撃墜。非常にリーマトゥーンの持ち味が出た試合だったといえる。

 

www.youtube.com

 

 もう一つ動画。

爆弾をガードさせてから再び爆弾を生成するという行動が良く見られる。僕みたいなリターン厨には選択しがたい行動で、技をガードさせたら有利な読み合いをする、のではなく、相手がガードを張っているし安全に爆弾を生成できるので、爆弾を再び持ち、当たるまで待つといったところだろうか。やられる側としては、また爆弾の読み合い勝たないと近づけないのかという感覚にはなる。とはいえそれだけではもちろん勝てないので、斜めにブーメランを置いていたりだとか空前を置いたりしている。

 またこの動画では崖から上がれないシーンも目立っている。あーすさんやまさしさんのような硬い相手に勝てるかどうかがまたリーマ君が一つ上のレベルに上がれるかどうかの目安になっている、と個人的には思っていて、攻撃力を高めるのかはたまた防御力を更に上げて克服するのか注目したいところだ。爆弾がヒットしてから空中攻撃でダブルマークナルから悪いことできたり、飛び道具当たった後の入れ込みを減らしたり、本人のヒット確認精度がまだまだ上げられそうなので、僕は攻撃力の向上に期待したい。結構当て勘があると思っているので。崖のセットプレイもキャラの性質上仕方ないが、そこまで強いものはできていない。ただ、爆弾やブーメランを使った復帰阻止はかなり向上している。

 防御面で言うと、崖上がりで爆弾の爆発+ワイヤー利用ダックハントのような上がり方ができるようなので、(実際それっぽいのは何度か見せている)そこも注目ポイント。

 一部では回避が強くて爆弾に当たったら負け、対策側から分からないと一方的に負けるとヘイトを集めている気がしないでもないトゥーンリンクだが、置きブーメランの読み合いや爆弾を持っていない時の立ち回り等見所がたくさんあるので、食わず嫌いせずに見て欲しい。

 今週末は彼がドバイの大会に出場するとのことなので、リーマ君をご存知の方もそうでない方も是非彼を応援してあげてください。